ケイのMMO放浪記

オンラインゲームプレイ日記と、その他のゲームと、日々のぼやき。 今はオフゲープレイ中。主にPS1,2ソフトだ。


08
Category: ペット   Tags: ---

初の添い寝

おとといの夜。

家族が寝た後、
1匹廊下に残されたコテツは、動かすと音が出る玩具を延々と鳴らし続けた。

『きぃ!キキキキキキキ・・・』
これが途切れることなく10分以上。
うるせ~~!
でも反応すると調子に乗るので只管我慢。

すると、音がだんだん近くなってきて、
部屋の中で奇声が響く。
あ、入ってきたな??
と思った矢先、どすん!と布団の上に衝撃ともに、奇声が!
乗ってきた~~~!!!!

なんだけど、コテツは寝に来たらしく、
俺の足の上に乗り、
寝るためのポジション決めを始めた。
しばらくウロツイタ後、
俺の脛の間に収まって静かになった。
重い。
それからしばらくして、
俺がトイレに起きるために一旦コテツをどかした。

そしたらついてくるんだよね。
寝てりゃあいいのに。

用が終わり、また布団に戻って寝ると、
やっぱり乗って来てポジション決め、
ようやく落ち着いたと思ったら、
急に奇声が!
俺も驚いたが、コテツも驚いたらしい、
かなり飛び上がったwww
あほやね。

昨日の夜。
コテツは何か気に入らないらしく、
誰もいない居間で悪さばかりしてた。
なので、反省の意味を込めて風呂場に一旦閉じ込めた。
10分くらい閉じ込めたので、開放するとやっとこ大人しくなった。

静かになったので寝ると、
布団の上に乗ってきた。
なんだけど、
今回はポジションが中々決まらない。
10分以上足の隙間を行ったり来たり。
そのうち、下腹の上に場所を決めて寝だしたんだが、
3分もしないうちにまたウロウロ。

今度は人の胸の上に来て寝だした。
珍しいな。
でもやっぱり落ち着かない様で、
しばらくしたらまたウロウロ。

面倒だな。
と思ったので、再び胸の上に来た際に、
抱き上げて布団の中に入れた。

すると、今度は布団の中でうろつき出したが、
足の間で落ち着いた。
ほっとしたのもつかの間。
今度は足の親指を舐めたり噛んだり。
オイオイ、勘弁してほしいよ。
痛いけど、我慢したらそこから移動して腹の上に。
さらに胸の上に乗ってきたけど、
最終的には俺の肩口のところ、
丁度わきの下に収まるように来て大人しくなった。

薄目で見ると顔だけを布団の外に出して寝だした。
おお、これは先々代の猫と同じだね。

可愛いやん。

其の後は、リラックスしたのかな?
次第に手足を前後に伸ばしてきた。
うう、場所を取るか??

結果・・・猫がベットの中央ででっかく寝まして、
俺は端っこで猫に気を使うような感じで寝てました。

あ~~~腰がいてぇ。

テーマ 猫のいる生活    ジャンル ペット



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom